google-site-verification=1f01bJhdyyjhh7McVomEYRia_DTkcNN85zYK4JaP8m4

玄界灘でのタイラバについて

玄界灘でのタイラバの特徴?について
記載致します。

釣れる魚

タイラバをやっていて釣れる魚は真鯛だけではありません。
・アオナ(青ハタ) → よく釣れます。
・アコウ(キジハタ)→ たまに釣れます。
・マハタ → たまに釣れます。
・甘鯛 → たまに釣れます。
・連子鯛 → よく釣れます。
・アラカブ(カサゴ)→ たまに釣れます。
・ホウボウ → たまに釣れます。
・イトヨリ → たまに釣れます。
・ヒラメ → たまに釣れます。
・ヤガラ → たまに釣れます。 
といった世間では高級魚といわれる魚が釣れます。
イカもたまにかかってきます。
その他に釣れる魚は
・フグ → 仕掛けをボロボロにされます。困ったものです。
・エソ → カマボコの材料です。顔がちょっと怖いです。
・青物 → これが掛かると横に走り回って他の乗船の方とお祭りになってラインが大変になるので困ったものです。
・シイラ →これも青物同様です。食べると白身の魚で美味しいらしいですが。
なんてものも釣れます。
まあ、なんらかの魚のあたりがあるとワクワクします。

真鯛のサイズ

私は佐世保の九十九島近辺くらいでしか他地域ではタイラバをやったことがないのですが、
玄界灘で釣れる真鯛のサイズはとにかく基本的に大きいです。某釣り専門チャンネルを見ていると
上がってきた真鯛に「いいサイズ!」とよく言われてますが、こちらとかなり感覚が違います。
私の乗る船の船長さんからは大体70mを超えないとその言葉は出てきません
確かに70cm以上が一般的に釣れます。大きな真鯛が集まってくるんでしょうね。
全国あるそういった地域の1カ所なのでしょう。
食べる時は50cm前後が美味しいし料理しやすい気はしますが

水深

いつも釣っている場所の水深は60m〜110m位でこれもTVで観ている釣り番組の場所より大体深いです。
なので潮でラインが流れる時やでかい魚がかかってラインをもっていかれたことを考えてリールには
大体PEラインを300m近く巻いています。また、使用するヘッドの重さは100g〜150gです。
                 from cho

powered by crayon(クレヨン)