google-site-verification=1f01bJhdyyjhh7McVomEYRia_DTkcNN85zYK4JaP8m4

タイラバってどんな釣り?

道具(タックル)の準備

タイラバのルーツというのは、昔から漁師さんが漁に使っていた道具から始まっていまして、時代と共にタックルも進化して行き、現在のタイラバゲームに繋がってます。
まだタイラバと言う釣りをどの様な釣りなのか?
知らない人もいらっしゃるようです。
以前釣具屋さんで、とあるお客さんが不思議そうに「こんなので釣れるの〜?」とタイラバコーナーを見ていました。
必要な道具ですが、竿は各メーカーさんから出ている物を使用し、リールは小型の両軸リールにPEラインの0.8~1.0号を200m程度を巻きます。(深場100m前後でしたら、PEライン300m巻いていれば、魚との遣り取り際には、ひとまず安心して魚とのファイトを楽しめます。)
あとPEラインにリーダーと呼ばれるショックを和らげるためのリーダーライン(フロロカーボン製)を
大体2〜3ヒロ(1ヒロ:1.515m)約3〜4.5m分の
リーダーラインとPEラインを連結させます。(ノット結び)
連結方法(ノット結び)も色々な結び方が有ります❗️

遊漁船によっては有料でレンタルタックルを準備されてますので、乗船予約の際に船長さんへ、レンタルタックル(竿とリール)貸し出し可能かを事前に話しておけば貸してもらえます。
釣った魚を持ち帰る為のクーラーと鮮度を保たせる氷は各自持参が必要です。(大きめのピニール袋等をクーラーと一緒に持参していれば割と便利です。)
仕掛けは釣具店で販売されているタイラバのセットでOKです。
市販セット製品にはタイラバセット品60〜250gぐらいまで販売され有り
重りのタイラバヘッド、細いラバーが数本まとまったスカート、ちょっと長めのネクタイ、それに針が2本付いています。ヘッドの重さは釣る場所によって異なりますので、事前に乗る予定の船の船長さんに何gぐらいのタイラバの重さが良いか確認しておくのをお勧め致します。
私達がいつも釣っている玄界灘沖では、水深100m前後の海域で、目安としましては水深100m=重り100g
その日の潮流れ、風で船が押し流される速度等を確認し、80〜150g等を使用しています。

釣り方

釣り方は至って簡単。
仕掛けを落として着底したらすぐに一定のスピードで巻き続けます。これを繰り返していると魚が仕掛けに食いついてきます。ただ、ここからが重要で普通の釣りだと魚が当たってきた瞬間に竿を立てたりして魚に針を掛けるフッキングという動作をするのですが、タイラバの場合はこれをしてはいけません!何があろうとも一定速度で巻き続けます。そうするとそのうち針にしっかりと魚が掛かります。
あたりがなかったら船長の指示の棚まで巻き上げたのち、また仕掛けをそこまで落として底に着いたら一定速度で巻き上げる、これの繰り返しです。
魚の反応がしばらくなければリールを巻くスピードを変えたり仕掛けの色を変えたりと試してみてください。

仕掛けの組み合わせ

慣れてくればヘッドやネクタイ等は各メーカーさんからバラバラで売っているので、好きなのを組み合わせて使うと楽しくなります。

あと、針に直接つけるネクタイのようなものもあります。from  cho

                from  cho

powered by crayon(クレヨン)